キムチを食べると太る?キムチの食べすぎや寝る前に食べると太るので注意!キムチを食べて痩せる効果的なやり方法・食べ方などをご紹介します。




韓国の代表的な料理「キムチ」、辛くて少し酸味があって

一年中いつ食べても美味しいのでおかずとしても優秀なお料理だと思います。

韓国ブームの今、YouTubeでもキムチを使った料理を食べている動画をよく見るようになりました。

唐辛子を使っているのでカプサイシンの作用でダイエットにも効きそうなイメージがあります。

そんなキムチは本当にダイエットにいいのでしょうか?

またどんな食べ合わせだとより体に良い食べ方になるのでしょうか?

今回はキムチダイエットや体に良い食べ方などをごしょうかいしますね^^

キムチがダイエットに良い理由


韓国の女性はお肌が綺麗でスタイルがいい人が多いような気がします。

美容大国である韓国の方がよく食べてりるキムチはダイエットにも

美容にも良いイメージが昔からあります。実際キムチにはどんな効果があるのでしょう?
 
キムチは100gあたり27kcalと低カロリーな食品なのです。

キムチの原料に使われている唐辛子には

辛味成分のカプサイシンが含まれていることもダイエットに良い理由と言えるでしょう。

カプサイシンには発汗を促す作用があるので

発汗で体の中の老廃物や水分が排出されると代謝が上がり痩せやすい体作りに繋がります。

そしてキムチは発酵食品であるので乳酸菌が含まれます。

その乳酸菌が腸内環境を整える効果があるので肥満を防いでくれます。

キムチはダイエットに良いことがわかりますね^^

豚キムチは高カロリーで太りやすい?


キムチは単品だとダイエットに良いことが分かったのですが

で豚肉と一緒に炒める豚キムチはダイエットに向いているのでしょうか?

私は豚キムチが好きなのでよく作るのですが私の作る豚キムチは麺つゆと砂糖を少し多めに入れるので

甘辛いあじ付けになってしまいダイエットには向いていないことが素人の私でもわかります。

それではどのような豚キムチならダイエットに向いているのでしょうか?

豚キムチは実際高カロリーなのですが豚肉を増やすことで腹持ちが良くなり

ダイエットできる食品だと言うことがわかります。

ただ唐辛子などの香辛料によって食欲が増加しやすくなるので

一緒に食べるご飯の量を減らしたり使うお肉の部位をヘルシーなものに変えるなどの工夫で

ダイエット中でも罪悪感なしに食べれる食品なるようです。

寝る前にキムチを食べると太るので注意


どんな食品でも夜寝る前に食べてしまうと胃に負担がかかってしまい

消化がよくなくなるので体にも良くないと思います。

キムチに限ったことではなく夜寝る前に食べると言う行為は

ダイエット中には厳禁だと思います。

それを踏まえた上でキムチが太ってしまう理由をいくつか挙げていきたいと思います。


・キムチはご飯などの高糖質な食べ物と食べる機会が多いから


150gのご飯に含まれる糖質量は角砂糖14個分です。

キムチの辛味で食欲が増してしまいご飯を食べると

血糖値が上がることが太ることにつながってしまいます。


・カロリーは低いが糖質量が高い
 

生の白菜のカロリーは14kcal、糖質は1.9gです。

これをキムチにすることで約3倍になってしまいます。

キムチの糖質量が増えてしまう原因は味付けに砂糖が使用されているからです。


・塩分が多く浮腫みやすい


 キムチは漬ける際に多量の塩を使います。塩分を過剰に摂取するとその濃度を薄めようと

水分を溜め込むようになるので浮腫に繋がりその浮腫は

放置すると老廃物などを取り込みセルライトの原因にもなります。

ダイエットに良いと言われているキムチですが食べ方次第で

太りやすくもなってしまうので要注意です。

キムチダイエットの方法


ここまでキムチにはダイエットにどのような効果があるのかご説明しましたが

実際キムチダイエットはどのように行えば良いのでしょうか?

キムチダイエットの方法をご紹介しますね。

キムチダイエットは、1日に3回、食前に30〜50g程度のキムチを食べるだけです。

・・とても簡単ですね^^

食物繊維を含むキムチを食べることで血糖値が緩やかに上がります。

また、噛み応えのあるキムチをよく噛んで食べることで満腹感を得やすくなりますし

水分補給をしながら食べることで食物繊維がお腹の中で

水分を含んで膨らみ食べ過ぎも予防してくれます。

ただし、市販のキムチの中には発酵させていないものもあるので

ダイエット中なら乳酸菌が多く含まれているものをお勧めします。

キムチは納豆と食べると良い


キムチと相性の良いものはたくさんありますが

そのなかでも日本の代表的な食品「納豆」とキムチの相性は抜群です^^

納豆とキムチを冷奴の上に乗せるだけで立派なおつまみになります

なぜキムチと納豆は一緒に食べると良いのでしょうか?

キムチの効果は先にも述べてきましたが、

そのキムチの効果に加えて納豆の効果も組み合わさると倍の効果が得られます。


納豆を食べることで得られる効果はナットウキナーゼによる


「血栓溶解作用」ビタミンK2による「骨形成促進作用」

(骨粗鬆症予防)納豆菌による整腸作用…etc


そして納豆とキムチを組み合わせることで

血液をサラサラにしたり・美容、ダイエット、

育毛・腸内環境改善・血管系の病気、がん予防・疲労回復などがあります。

納豆とキムチはともに発酵食品ですが、

キムチに含まれるニンニクが血栓をできにくくして

納豆のナットウキナーゼが血栓をとけやすくします。

納豆とキムチを併せて摂取することで効果は倍増し血液をサラサラにします。

その効果が予防する病は数知れません。

まとめ


キムチについて調べてきましたがキムチには体にも美容にも良い効果がたくさんあることがわかりました。

近年は韓流ブームにのって韓国の食文化も日本に流れ込んで

キムチを使った料理のラインナップもたくさん目にするようになりましたね^^

もともと辛いものが好きな私はキムチを良く食べていたのですが

最近では焼き肉を食べるときは必ずキムチとエゴマの葉とサンチュを必ず用意して食べています。

お肉ばかりではなくちゃんと発酵食品と野菜をとっていると思うと罪悪感なく焼肉もたくさん食べれるからです^^