「寝起きチョコ」は美容効果や血糖値を上げてスッキリと集中力アップ!ダイエット効果・勉強・低血圧防止など・朝飯にチョコレート(高カカオチョコレート)を取り入れることで体に得られる様々な良い効果をご紹介します。




チョコレートって朝に食べると

様々な効果が得られることを知っていますか?

美容効果や、低血圧防止、目覚めスッキリ勉強や仕事などの

パフォーマンスを上げてくれるどころかなんとダイエットの効果も!


朝から甘くて美味しいチョコレートを食べて

それが体にも嬉しい効果があるんなんてとても幸せですよね^^



そこで今日は寝起きにチョコレートをとることで

得られる様々な効果についてお話いたしますね!





低血圧防止に寝起きチョコ!朝甘いものを食べたくなるのはなぜ?



朝起きたとき「甘いものが食べたいなぁ」

なんて思ったことありませんか?

人間って寝起きの時は空腹になり血糖値が低くなっているんですね。

そんな時に甘いものを体が欲しているサインなんです。

それは全然おかしなことじゃなく健康の証拠^^


そんな時に少しだけチョコレートを食べると

満たされて下がっていた血糖値をあげることができますよ!


チョコレートには「ぶどう糖」と呼ばれる

脳に栄養のある成分をたくさん含んでいて

また脳を覚醒させるカフェインや集中力を

高めることのできる「デオブロミン」という成分も含んでいます。


また気持ちの面でも幸せになる物質が含まれているんですね^^


「PEA」「セロトニン」などと言ったホルモンは

リラックスできて気持ちに余裕ができる物質です。


朝にチョコレートを食べることで血糖値が上がり

1日のスタートから脳が活発に動いてくれて

「今日も一日頑張ろうと」いう気力がわいてきます!





スポーツや仕事に最適!寝起きチョコのウォーミングアップ効果



朝にチョコレートを食べる事で

ウォーミングアップ効果も期待ができます。

チョコレートに入っているカカオポリフェノールという成分は

寝起きの体に1日の準備を促進してくれて

ウォーミングアップを行ってくれると同時に

体の筋肉を動きやすくしてくれたり

筋力をアップさせる効果も持っています。

スポーツ選手でインターバルなどに

チョコレートを摂取している人も多く

朝にチョコをとることで目覚めで動かない体に活力を与えてくれます!





朝の勉強に最適!チョコを食べると集中力UP!



「起きたばかりだと学校に行っても集中力も上がらず勉強に身が入らない‥」

テスト期間などがあったときは特に

集中力が上がらないと実力が発揮できませんよね。

チョコレートは脳のエネルギー源となる「ブドウ糖」や

ビタミンE,カルシウムやミネラルなど栄養素が

バランスよくたくさん含まれているんですね。

朝チョコを体に取り入れることで脳の活動を活発化させてくれますし

チョコレートに含まれている「テオブロミン」という成分には

記憶力や集中力を高めて勉強するモチベーションも上げてくれる効果や

精神安定、気持ちを落ち着かせてくれる効果もあります!

またシンプルにチョコレートの甘い匂いも

リラックスできて集中力を上げてくれる効果があると言われています!

頭を使う勉強やテストなどにチョコレートはとても効果的な食べ物になります。





寝起きチョコは太らないの?朝チョコはダイエットや美容効果もあります!



朝からチョコレートを食べるなんて太るんじゃないの・・?

ここまで読んだあなたはそう思ったかもしれませんね^^

実は朝にチョコレートを食べると

ダイエットにも効果があるっていわれてるんです!


なぜかというとチョコレートの原料であるカカオには、

ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていて

血液がサラサラになり代謝などを高める効果があるんです。


だからと言ってもちろんチョコレートを食べ過ぎると

太ってしまいますので朝食べる量には十分注意してくださいね^^


そしてダイエット効果だけではなく朝チョコには美容効果もあるんです!

チョコレートにはビタミンEが含まれており抗酸化作用や老化防止の効果もあります。

それに食物繊維も含まれているので、便秘の改善やや美肌効果もあります^^





寝起きにチョコを食べすぎると気持ち悪くなってしまう!朝飯にチョコレートを取り入れる適量と食べる種類は?



先ほども言いましたが朝だからといってチョコを食べすぎたら

太ってしまいますし、食べ過ぎると気持ち悪くなってしまうので注意。


朝にチョコレートを食べる時には5~10g程度がお勧めです!


だいたい、一口サイズのチョコレートで2~3個くらいですね。


このくらいの量を毎日とれば糖分の過剰摂取にならずに

優れた良い栄養素を沢山とることが出来ますよ!


そして、朝に食べるチョコレートは

カカオの含有率が70%以上のチョコレートがお勧めです!


カカオの含有率が低いチョコレートは砂糖など、糖分が多く

使われているものが多いので健康効果があまりよくないものが多いし

太りやすくなってしまいます。


それに比べて高カカオのチョコレートは血糖値が上がりにくいので

低カカオのものに比べて食べても太りにくいでしょう。

朝チョコレートを食べるときは食べる量と種類を選んで食べてくださいね^^





高カカオチョコレートで得られる健康効果



高カカオチョコレートは体に様々な健康効果があります。

・血圧の低下を促進してくれる

高カカオチョコレートは高血圧の人の血圧を大きく低下させて

血圧が正常値の人の血圧はあまり下げないという変化があります

なので高血圧の人にとっては血圧を正常値まで下げる理想的な効果があります。

・高カカオチョコレートは血管を広げる効果があります。

高カカオチョコレートに含まれているカカオポリフェノールは

血管が広くなり血行促進の効果があります。

・高カカオチョコレートは善玉コレステロールを増やしてくれる。

カカオチョコレートには体内の余分なコレステロールを回収して健康促進してくれる

善玉コレステロールを増やしてくれる効果があります。

悪玉コレステロールが増えると血管がつまりやすくなりますので

善玉コレステロールとのバランスを上手く整えてくれるのです。

・高カカオチョコレートは動脈硬化のリスクを低下させてくれる。

カカオポリフェノールを日常的に取り入れることで

血管の炎症、酸化ストレスを下げてくれる効果があります。

これらが上がると動脈硬化が進む恐れがありますので

高カカオチョコレートを取り入れることで動脈硬化を防いでくれるのです。

・高カカオチョコレートはうつ病やアルツハイマーの予防にもなる。

高カカオチョコレートに含まれているカカオポリフェノールには「BDNF」という

脳細胞を増やすのに役立つ栄養分を増やす効果があると近年確認されました。

「BDNF」は加齢などにより段々と減っていき

アルツハイマーやうつ病、記憶障害などに影響を及ぼすと言われていますので

カカオポリフェノールを取り入れることでうつ病やアルツハイマーを予防してくれるのです。

高カカオチョコレートを取り入れることで

これら様々な健康促進効果を得られることができるのです。

まとめ



いかがでしたでしょうか?

朝の朝食にチョコレートを少し食べる習慣を取り入れることで

沢山健康的な効果があります。

ですが、今回お話したように食べる量と

カカオのパーセントをしっかりと考えないと逆効果になってしまいます。


美味しいチョコレートを毎日少しだけ食べて健康的で

気持ちが良い生活を送ってみませんか^^?


では最後まで読んでいただきありがとうございました!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)