退職までの期間が気まずくて辛い。退職日まで長くて持たない、退職までのカウントダウンを耐える方法や退職日までのモチベーションを保つ方法のまとめ!




会社の規定で退職日の数か月前には退職願を提出しなければならず

退職日まで長い期間を過ごさなければならないことが多いです。

退職する予定なのに出勤することは引継ぎなどで必要ですが

気まずいし、やる気が出ませんよね。

しかし無事退職するためにはこの期間を乗り越えることが必要ですし

スムーズに退職するためにはきちんと引継ぎを行うことも大切です。


ここでは退職日までの気まずい期間の乗り切り方や

引継ぎの仕方を紹介しますので、是非参考にしてくださいね。





会社に退職を伝えた後、退職日まで気まずくて耐えられない・・


会社に退職を伝えた後何となく気まずいし

上司や同僚がよそよそしい気がするという方も多いと思います。

しかし退職する本人が退職することを裏切りなど

ネガティブにとらえ気にしすぎているためであることが多いです。

上司や同僚なども退職することについて

いい思いはしていないかもしれませんがそこまで気にしていないことがほとんどです。

退職する本人の気まずい思いが態度や雰囲気に出てしまい

周りにも伝播してしまっている可能性が高いです。

過度に後ろめたさや気まずさを感じないようにし

できるだけいつもと同じような態度でいるように心がけるようにしましょう。

退職する本人のネガティブな雰囲気が少なくなれば周りの雰囲気も和らいでくるはずです。





退職日まで気まずくて辛い期間の過ごし方


退職日までの期間の過ごし方として

おすすめの方法は意欲的に仕事に取り組むことです。

すぐに退職してしまうと思うと仕事もやる気が出ませんが

やる気がなく仕事に集中できない状態でいると

余計なことを考えてしまいさらに辛くなってしまいます。

後任者への引継ぎや引継ぎ資料の作成

自分が使用していたデータやファイルの整理などやることはあるはずです。

これらの作業は自分にとってメリットがないと思うかもしれませんが

この会社での自分の仕事やスキルを見直すいい機会、次の仕事に役立つこともあるはずです。

そして、退職することが決まってもきちんと仕事をこなすあなたを見て

上司や同僚も温かい気持ちで送り出してくれるようになるでしょう。





退職日まで欠勤したい!会社を休む方法


どうしても退職日まで休みたいときはまずは年次有給休暇を使用するようにしましょう。

退職日まで日数がなく有給休暇取得日をずらすことができない場合は

労働者が指定した日に有給休暇を取得することを

会社は拒むことができないので休むことができます。

有給休暇が退職日までの日数分ないときは

しっかりと届け出をして欠勤するようにしましょう。無断欠勤は厳禁です。

懲戒処分となったり、損害賠償を請求されたりする可能性があるからです。

また、会社を休みたい場合もできるだけ引継ぎなどはきちんと行うようにしましょう。

社会人としてあまりに非常識な行為をしてしまうことは避けるべきです。

今後の人生で今の職場の人に関わることになる可能性もないわけではありません。

「引継ぎもきちんとせずに退職した」という事実が

あなたに不利に働くこともあり得ます。 責任はできるだけ果たすことが大切です。





新卒での退職は気まずい?その原因と対処法


新卒で退職することに気まずさを感じる原因として

一つ目に職場で人間関係ができていないことを挙げることができます。

仲の良い人もおらず居心地が悪い状態だと気まずさを感じやすくなってしまうためです。

対処法は人間関係を少しでもよくするためにもきちんと挨拶をするなど礼儀正しくすることです。

また今の職場での人間関係は退職日に終わると割り切って悩まないことも大切です。

二つ目の原因は仕事を教えてもらったのに戦力として貢献することができずに

退職してしまうために申し訳なさを感じることです。

対処法は少しでも貢献できるよう退職日まで仕事をきちんとこなすことです。

仕事に真剣に取り組むことで気まずい気持ちを忘れる効果も期待できます。

どうしても耐えられないときは上司に相談し退職日まで欠勤してもよいでしょう。

新卒での退職であるからこそ引継ぎも少ないので、欠勤も認められやすいと考えられます。





退職日までの引継ぎの仕方


退職日までの引継ぎの仕方は引継ぎの計画を立て後任者に業務の説明を行い

実際に後任者に行ってもらった業務を確認するという流れになります。

引継ぎは最終出勤日の数日前には完了するように計画を立てましょう。

意外と時間がかかるものなので、ある程度ゆとりを持った計画にすることをお勧めします。

実際の引継ぎの際には、事前にマニュアルや引継ぎ書を作成しておき

それをもとに説明するとスムーズです。

また口頭で説明を受けても漏れや間違いが生じることが多いので

後から見直すことができる書類があると

退職後に会社から業務について質問される可能性を減らすこともできます。

後任者が理解できているか?業務を実際にやってもらい確認できればより安心です。

しかし退職日の関係で完璧に引き継ぎすることが難しいときは

上司などに相談し、その状況でできるベストを尽くしましょう。





まとめ


退職日までの気まずい期間を乗り切るための対処法や

引継ぎの仕方について紹介してきました。

気まずさや後ろめたさを感じすぎず仕事や

引継ぎなどやるべきことをこなしていくことがおすすめです。

引継ぎもきちんと行い早めに終わらせることができれば

退職日まで休みやすくなることも期待できます。

引継ぎの仕方についてのポイントを紹介しているので

参考にして引継ぎをスムーズに完了させ退職まで乗り切ってくださいね。