急用で会社を休む理由のまとめ!家庭の事情で当日会社を休めるの?急用で会社を休む時のメールで連絡するときの注意点・当日休みたい時に使える言い訳や当日仕事を休みたくなる原因・対処法などをご紹介します。




急に仕事を休みたいとき、どんな理由ならすんなりと会社が受け入れてくれるのでしょうか。

自分は休ませてくれると考えていても、会社が認めないケースもあるかもしれません。

「家庭の事情で休んでも大丈夫?」

「電話したくないからメールで連絡してもいい?」

「どうしても今日は休みたい」

そんなときの対処法をまとめてみました。

人間ですもの、いろいろ事情があって休みたいときはあります。

さらにそれが休んで解決するような問題なのかも合わせて見ていきたいと思います。





急用で会社を休む時に「家庭の事情」は理由になる?


理由になると思います。ただ会社や上司によるところが大きいですね。

女性が多い職場では比較的多く「家庭の事情」が休む理由として使われています。

それができないとなるとパートさんがいなくなってしまう恐れがあるので

会社も認めざるを得ないのです。

対して男性ばかりの職場で、かつ上司が仕事人間だった場合は

「家庭の事情」で休むことのハードルはグンと上がります。

さらにあなたが未婚だったり子供がいなかったり

また親もまだ現役で働いているようなケースだと「家庭の事情」は冠婚葬祭に限られるでしょう。

「家庭の事情」で休む最大のポイントは「自分しか対応する人間が他にいない」ということです。

それに該当するのであれば「家庭の事情」は当然認められるべきだと思います。





急用で会社を休む時にメールで連絡するときの注意点


会社の方針で「メールで知らせること」になっていなければ

急用で会社を休む場合は電話がマナーです。

メールだと始業までに担当者が気づかないこともあります。

急な話で電話をしにくい気持ちはよくわかります。

しかし1分で済む話ですので、必ず電話にしておいたほうが無難です。

電話連絡したうえで「自分の本日の仕事についてはメールで送ります」としたほうがいいでしょう。

会社としては仕事そのものに支障がなければとりあえずOKなので

その日がうまく回るように伝えておけば印象は悪くなりません。

もし可能であるならばメールの最後に

「緊急の場合は対応しますのでご連絡ください」と入れておくと尚いいと思います。

たぶん会社から連絡が来ることはほとんどないでしょう。

社交辞令みたいなものです。こうやって万全の体制を整えておけば気兼ねなく休めます。





当日に仕事を休みたいときのおすすめ理由


どうしても休みたいときはありますよね。

以下の3つの理由は比較的怪しまれずに休めると思います。

この理由が通じないような会社はブラック企業と言ってもいいかもしれません。

・体調不良

発熱を理由にするのはやめたほうがいいでしょう。

「下痢がひどくてとても行けない」「めまいがひどく起き上がることが難しい」は使えると思います。

注意点としては決して外出しないことです。

・子供の体調不良

この理由で休んだことのない母親はいないと思います。

大部分は本当にお子さんの具合が悪いのですが、すべてが真実であるかわかりません。

・親の通院の付き添い

会社に親の顔が知られていないなら、ほぼバレることはないと思います。

センシティブな問題ですので、詳細を聞かれることもないでしょう。





当日に会社を休みたくなるのは仕事のストレスが原因かも?


ストレスの可能性が高いです。体と心が限界に近付いていると考えられます。

あなたは毎日ずっと「行きたくない」と思いながら無理やり出社していたのではないでしょうか。

行かなければもっと大変になるから、と自分に鞭打って必死に通勤していたと思います。

確かに出社して仕事をすれば、仕事が滞ることはありません。

それに働いている間は緊張感もあり、心の痛覚は鈍るものです。

問題は帰宅してから。抜け殻のようになっていませんか?

今日あったことを思い出しひとり反省会をして

また明日仕事に臨むことを考えるだけで吐き気に見舞われていませんか?

どんな職業でもストレスはつきものですが

毎日行きたくないくらいのストレスを抱えているのは明らかに異常です。

1日休めばどうにかなるレベルは超えています。

一度心療クリニックなどに行ってみることをおすすめします。





仕事がきつくて会社に行きたくない、休みたいときは転職を考えた方が良い?


転職を考えたほうがいいと思います。

「肉体的にきつい」「精神的に無理」「労働時間おかしい」のいずれか

もしくはこのすべてに苦しんでいる方もいるでしょう。

行きたくない仕事で成果が上がるとも思えません。

業界や職種が合っていなくてきつい場合は早めに転職したほうが幸せになれると思います。

壊れた体や心を戻すには多くの時間が必要になり、失うものが多すぎるのです。

気を付けたいのが「じゃあ次に何の仕事をする?」となったときに

また同じような仕事を選んでしまうことです。

採用する側される側、どちらも経験者であったほうが採用しやすい(されやすい)からです。

そしてまた同じことのループ…。自分は何を重視して転職するのかをはっきりさせておきましょう。





まとめ


急用でどうしようもない事情だったとしても、仕事を休むのは気が引けますよね。

でも家庭の事情なり体調不良なり、人間にはいろいろあります。

会社に迷惑をかけないよう配慮して心置きなく休みましょう。

ストレスをためてしんどくなるくらいなら、たまの自主的なお休みもありです。

しかし「毎日仕事に行きたくない」と思いながら出社と休みを繰り返しているのなら注意が必要です。

その仕事や職場があなたに合っていない可能性があります。

上手に休みを利用して、必要以上のストレスをためないようにしたいですね。