チョコレートの郵送はどうすればいい?溶けてしまわないの? チョコの溶けない梱包や郵送方法をご紹介します。

あなたはチョコレートを郵送でおくったことがありますか? 

遠方に住んでいる大切な人にバレンタインチョコレートを上げたいと思っても

直接届けることができないなら郵送で送ることを考えますよね。

その時に「チョコレートを郵送すると溶けてしまわないだろうか?」と考えると思います。

そこで今日はチョコレートを郵送で送るときに

溶けてしまわないように郵送する方法や

チョコが溶けない、壊れない梱包方法を詳しくご紹介しますね。

チョコの郵送って溶けないの?夏や冬の時期のチョコレートの郵送について


チョコレートは溶けやすい食べ物で

基本的に28℃以上で溶け始めてしまいます。

そしてバレンタインチョコなどを送る場合は

2月の気温が低い冬の時期なので

通常の郵送でも問題ないと思われますが

冬場だからこそ暖房が聞いている室内などに

保管されてしまう可能性もありますので

もしチョコレートを絶対に溶かさずに

郵送したいなら「チルドでの配送」が良いでしょう。

これは夏場の(春と秋も絶対に溶かしたくないなら)

チョコレートの郵送も同じで「チルド」が安全です。

ただ、普通お友達や知り合いなどに送るチョコレートで

溶けてしまっても仕方がないと思うなら通常の配送でもいいと思いますが

大切な人にチョコを送る場合は届いたときに溶けているのはやっぱり嫌ですよね。

チョコレートの郵送方法(クール宅急便・チルドゆうパック)


チョコレートを郵送すると配送料が結構かかりますので

出来るだけ安く郵送したいと思いますよね。

たとえば料金が安い定形外郵便で送ることも出来るのですが

そうなると郵便扱いになってしまうために冷凍保存はされないんですね。

そうなると、先ほどもお話しましたが

チョコが溶けてしまう可能性があります。

なのでチョコレートの配送はクール便がお勧めです、

郵便局の「チルドゆうパック」やヤマト運輸の「クール宅急便」など

専用の冷蔵庫に郵便物を保管して、そのまま配送されるシステムです。

これを利用すると、チョコが溶ける心配はなくなります。

普通の郵便と比べると料金は高くなってしまいますが

その分、チルドゆうパックやクール便は配達日時を指定できますので

外気に触れる心配がなく安全に相手に届くことができます。

チョコレートはレターパックで送ることはできるの?


バレンタインチョコなどをレターパックで

利用したいなって思う人も結構いると思いますが

私はレターパックでチョコレートを贈るのはお勧めできません。

レターパックは生チョコなど生菓子に該当するのは駄目ですが

普通のチョコレートになんしては利用は禁止されていません。

なので送ることができるのですが、衛生面においてあまりよい環境とは言えないんですね。

常温で長く置いていると冬場ならもしかしたら大丈夫かもしれませんが

春・夏・秋にチョコレートをレターパックで郵送すると溶けてしまうでしょう。

なのでレターパックでの郵送は避けるようにしましょう。

バレンタインチョコをデパートで郵送する


バレンタインチョコレートをデパートなどで購入した場合

デパートから郵送することができます。

基本的にお店は一年中配送業務をしてチョコを郵送してくれますし

チョコを包む梱包なども丁寧にやってくれますのし

チョコを選んで伝票を書いてお会計を済ませれば

後は全部やってくれますのですごく楽なんですね。

なのでデパートでのバレンタインチョコの発送はすごくお勧めですが

もしも発送を頼むなら2月10日までの発送を頼まなければ

遠い場所に相手が済んでいるときは遅れてしまう恐れがありますので

注意が必要です。

またチョコと一緒になにかプレゼントを贈る場合も

同じデパートで同じ日に購入した商品でないと

配送を受け付けてくれませんので注意が必要です。

もしお店でチョコを発送したら万が一の時の事を考えて

レシートはちゃんと取っておくようにしてくださいね。

チョコレートを郵送するときの梱包方法


チョコレートをチルドゆうパックやクール便で送る際には

万が一落としたり何かにぶつかってチョコが割れたりしないように

梱包にはある程度注意が必要です。

ホームセンターなどで売っている発泡スチロールのボックスや

100円ショップなどで売っている緩衝材、保冷剤などを使い梱包するのをお勧めします。

ボックスに緩衝材を詰めてその中にチョコレートを置いて隙

間にまた緩衝材などを詰めて蓋をしましょう。

保冷材はボックスの底や蓋にガムテープなどに貼り付ければいいですね。

ただ保冷材は冬の時期は必要なく、夏などの熱い時期に保冷剤をボックスに入れてあげれば

万が一にチョコレートが溶けるのを防ぐことができます。

補足ですが冷蔵発送で送ったチョコレートは

届いてからすぐに食べるのではなく、少し常温に慣らしてから食べる方が

より美味しくいただけますのであチョコを送った

相手にそれを書置きでもいいので伝えてあげると喜ばれますよ。

まとめ


チョコレート(バレンタインチョコ)などを遠方に住んでいる相手に

送るときはデパートでチョコを購入した場合はお店で直送してもらい

自分の家からチョコを送るのであればチルドゆうパックかクール宅急便で

送るのがお勧めです。

せっかく用意したチョコレートなので大切な相手に届いたときに

チョコが割れてしまったり、溶けてしまわないように

丁寧に梱包して安心して届けることができるように

正しいチョコレートの郵送方法を選んでくださいね^^