チョコレートが溶ける温度と時間はどれくらい?室内や車でのチョコレート・ゴディバ、チロルチョコの溶ける温度やチョコの固まる温度についてご紹介します。




チョコレートはとても甘くて美味しい、

私たちの疲れをいやしてくれる素敵なお菓子です。

そんなチョコレートの溶ける温度をあなたはご存知ですか??

チョコレートって美味しいですけど、溶けてしまうのが難点。

熱い夏場などではすぐベトベトに溶けてしまいますよね、

バレンタインの時期なんかは友達や恋人などに

溶けていない綺麗なチョコレートを渡したいですよね。

そこで今回は、チョコレートの溶ける温度や種類によって溶ける温度は違うのか?

またチョコが溶けない方法などについてご紹介いたしますね。

一般的なチョコレート・生チョコが溶ける基本的な温度


一般的なチョコレートはだいたい「27~28℃」で溶け始めてきます。

ただ、チョコの種類によって多少の違いはあるのですが

25℃を超えるとチョコレートは

溶け始めると考えるのが良いでしょう。

そして「生チョコ」のような通常のチョコよりも

早めに溶けやすいようなチョコレートなのですが

基本的に生チョコは25℃くらいまでは溶けないんですね。

つまり常温(15~25℃)くらいまで状態で保存しておけば

生チョコ、すべてのチョコレートはまず溶けません。

例えば冬場の寒い時期に暖房を28℃などに設定しても

実際の温度は25℃より低い事が多いですので

冬場ならどこに持って行ってもチョコが溶けることは

よほどのことがない限りまずありません。

そして夏場の熱い時期は反対にチョコが

溶けやすくなってしまうので保存や持ち運びに注意が必要ですね。

室内や車でチョコレートが溶ける温度


お家や外出先など冬場に暖房の効いた

部屋にチョコを置かないといけない時もありますよね?

そんなときってチョコレートは溶けてしまうのか?

心配になりませんか?

基本的には暖房が聞いている室内や車の中でも

室温が28℃以下ならチョコは溶けません。

暖房、エアコンなどを効かせている室内、車内でも

チョコレートがとける「融解温度」である28℃にならなければ

溶けてしまう事はありません。

それに基本的には冬場に暖房をつかっても

25、26℃の設定が標準で室温は高くても20~22℃となります。

ガンガン暖房を使っても室温が28℃まで上がることは

冬の時期ならほとんどありえないんですね。

なので常温の場所に置いたとしてもチョコが溶けるという事は

ありませんのでご安心くださいね。

ただ、あまりチョコレートを長時間、常温保存していると

チョコレートに入っているバターや、砂糖、乳製品などが

少しずつ分離していき白っぽく変色していきます。

変色するだけで食べることはもちろんできますが

チョコ本来の味や風味、口に入れたときのなめらかな舌触りは

落ちてしまいますので、なるべくチョコレートは

気温が低い、涼しい場所などに保管しましょうね。


ゴディバやチロルチョコなどの固いチョコが溶ける温度は?


「ゴディバのチョコ」や「チロルチョコ」など

固めにつくられているチョコレートも

溶ける温度の目安は通常のチョコと同じで28℃となっています。


固めのチョコレートですが使われているチョコは

一般のものと実はほとんど変わりはないんですね。


もっとも中には31℃くらいまで溶けないチョコレートもありますが

基本的にはチョコレートの融解温度は「28℃」となっています。

なのでいただいたゴディバチョコ、買ってきたチロルチョコなども

保管するときは28℃を目安にしてくださいね。


プレゼントの手作りチョコ・生チョコが溶けない方法


好きな人とデートしたり、友達と過ごしているときに

プレゼントしたチョコレートを持ち運んだりするときがありますよね。

そんな持ち運びの際や、通常の

チョコよりも溶けやすい生チョコを常温に長時間置いておく時は

保冷材やドライアイスを活用すれば

チョコが溶けない状態を保つことができるんですね。

保冷材やドライアイスなどをチョコと一緒にいれておけば

温度を15℃以下に保つことができます。

保冷材は目安としてだいたい小さなサイズの物を

2、3個入れておけば約2~3時間程度、

200gサイズの保冷剤を入れておけば4~5時間ほど

チョコを新鮮な状態で保つことができます。

また使い勝手の良いドライアイスを

プレゼントチョコの箱の中に入れてあげても良いですね。

ただ、ドライアイスも保冷材も場合によっては

温度差によって箱が濡れてしまう時がありますので注意が必要です。

濡れても問題のない箱を使用したり

保冷剤を100均などで買えるプチプチシートと一緒に包んだり

色々と工夫をしてみてくださいね。

海外旅行などのお土産のチョコレートは溶ける可能性があるの?


海外旅行のお土産のチョコレートを飛行機に乗せると

チョコレートは溶けてしまう可能性はあるのでしょうか?

持ち運びの際にスーツケースに入れて預け荷物にすれば

チョコが溶けてしまうという事はほとんどないようです。

飛行機の木内温度は25℃前後に設定されていて

さらににも地質はそれよりも低い温度に設定されているみたいですね。

だから手荷物として持ち込むよりも

スーツケースに入れて預けてしまう方が

お土産のチョコレートが溶ける心配が少ないんですね。

ただし、預け荷物にしてしまうとスーツケースなど荷物を

放り投げられたりして大切なチョコが割れてしまう可能性がありますので

チョコレートを預けるときは緩衝材などに包んで

衝撃対策にそなえておきましょう。

そして暑い夏の時期などは飛行機に乗っている間は

大丈夫ですが、着陸した後ターミナルに移動させるまでの時間や

目的地までの移動の際にチョコが溶けてしまう恐れもありますので

先ほどお話しました保冷材を入れて溶けないようにしましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

基本的にはチョコレートは28℃にから溶け始めます。(生チョコは25℃から)

なので冬場などは常温の室内などでも保存できますが

長時間置いておくと味や風味、見た目も落ちしてしまいます。

美味しいチョコを長く楽しむためにもチョコを保管する際は

できるだけ涼しいところに保管するようにしてくださいね。