仕事で優秀な人はすぐわかる?優秀な人の顔つきや優秀な女性の特徴などをご紹介します。





仕事ができる優秀な人がすぐに分かれば便利ですよね。

自分が上司の立場であれば、優秀な部下がいれば重要な仕事の担当適任ですし、

同僚の立場であれば困ったときに頼りにできます。

また部下の立場であれば、上司が優秀であれば安心して信頼しついていくことができます。

この記事では、仕事で優秀な人の顔つきや特徴などについて紹介しています。

仕事で優秀な人を見抜くことができるようになりたいという方は是非参考にしてくださいね。

仕事で優秀な人はすぐわかる?優秀な人の顔つき


全ての人に当てはまるわけではありませんが優秀な人に多い傾向がある顔つきはあります。

その一つ目として、まず瞳孔が大きいということを挙げることができます。

瞳孔は、目の中心の黒い部分の事です。

この部分が大きい人は知能が高い傾向にあるというアメリカの研究結果があります。

脳の活動が活発なために脳内にホルモンが分泌され、

瞳孔が開きやすくなるということが理由として考えられています。

二つ目の特徴は、落ち着いた表情をしていることです。

計画的に仕事をしていることや自信があることにより

いつも平常心でいることの表れだといえます。

三つ目は、口角が上がっていることです。

気持ちにゆとりがあるとともに、口元に少し力が入っているという、

程よい緊張感をもって仕事に取り組んでいることを表しています。

また周りに優しく、話しかけやすそうな印象を与えるというメリットもあります。

実は有能・優秀な人は一見目立たない?


本当に有能な人や優秀な人は一見して目立たないことが多いです。

その理由として、一つ目に謙虚であることを挙げることができます。

自分の能力や仕事の成果を不必要にアピールしないので

最初は優秀さに気づかないこともあります。

一緒に仕事をするなど、その人を知る中で優秀さに気が付くことが多いです。

二つ目の理由は、陰で努力していることです。

努力は他人からは見えにくいため、努力を重ねていても周りは知らないことも多いです。

何かの拍子に影での努力を知り、驚くことも少なくありません。

三つ目は、与えられた仕事を問題なくこなしていることです。

問題を起こさないので注目されることもありません。

スムーズに仕事を進めているため、楽そうに思われることもありますが

実は有能であるためうまくいっているのです。

他人がその仕事を実際に行ってはじめて有能さを知ることもあります。

仕事で優秀な人は怖くて近寄りがたい?実は面白くて優しい人が多いです。


仕事で優秀な人や有能な人と聞くと、怖くて近寄りにくい

イメージを持つかもしれませんが面白くて優しい人が多いです。

面白い人が多いという理由は、普通の人とは少し異なる思考回路を

持っていることが多いことを挙げることができます。

常識を覆すような発言をしてくれることも多く、

そんな考えもあったのかと興味深く話を聞いてしまうでしょう。

また、知識や情報量も多く、話題が豊富な点も面白いと感じられる点といえます。

優しい人が多いという理由は、常に気持ちが落ち着いていて、

他人にも穏やかに対応できることを挙げることができます。

また、仕事をうまく進めるためには周りと協力することが必要なので、

周囲と良い人間関係を結ぶことも優秀な成績を残す秘訣です。

そのため他人にも優しいといます。

職場の優秀な女性の特徴


職場において優秀な女性の特徴として、

一つ目に数字を重視していることを挙げることができます。

女性は感覚的に物事を考える人が多いですが、

客観的にそして正確に物事をとらえるためには数値化することが大切です。

数値化することで他人も納得しやすくなり、交渉がスムーズに進む効果もあります。

二つ目の特徴は、スキルアップのために努力していることです。

女性は家事や育児、身だしなみを整えることなどプライベートでやるべきことが多く、

忙しいですが、隙間時間に本などで情報収集に努めたり、勉強したりしています。

少しずつの努力の積み重ねで周りに差をつけているのです。

三つ目は、視野が広いことです。

自分の仕事だけに集中するのではなく、会社や部署の状況にも気を配っています。

必要な時は他人をフォローしたり業務全体を考慮した改善策を提案したりします。

優秀な人は会社にいいように使われるから苦労する??


「優秀な人は会社にいいように利用されて苦労する」と

いうことが当てはまるかどうかは会社や職場環境によります。

社員を道具のように使い倒してやろうという考えの会社では、

優秀な人に仕事を押し付けて、できるだけコストをかけずに利益を出そうとします。

仕事量も過大になり、心身の負担は増すのに、

それに見合った報酬を得ることができず、会社にいいように使われている状態になります。

その一方で、優秀な人は会社の財産だとして大切にする会社もあります。

そのような会社は、研修や勉強する機会を与えたり、

能力を活かし、さらに伸ばすことができる仕事に挑戦させたりします。

当然、働きに見合った給料も払います。

優秀な人に限らず、どちらの会社が働きやすいかは多くの人にとって共通でしょう。

優秀な人がいいように使われていると感じる会社は全般的に働きにくい会社と言うことができます。

まとめ


優秀な人は意外に目立たないものですが、顔つきなどに特徴があるものです。

女性でも数字に強いことや、スキルアップに努めているなど

行動にも特徴があるので、注目してみるとよいでしょう。

何となく近づきにくいイメージがあるかもしれませんが、

優しくて、面白い人も多いので、積極的に関わってみることをお勧めします。

また、優秀な人について利用されていて損というイメージ持ってしまう場合、

今の会社は普通の人にとても働きにくい可能性が高いので当てはまる方は注意が必要です。