給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に就きたい人へのおすすめな仕事!定時で帰れる楽な仕事や人間関係が楽な仕事などをご紹介します。




あなたはどんな仕事がしたいですか?

仕事で苦しみや悩みを抱えたくないですし、楽な仕事だといいです。

余裕がなければ、私生活を充実させるのは難しいので、

生活の糧であるお金をある程度稼げる仕事をして私生活を充実させたいですよね。

そこで今回の記事ではほどほどに生活できるだけの給料でいいから、

生活の充実を優先させたいと思っているあなたに

負担にならない仕事についてお伝えしていきますね。





ぶっちゃけ給料が低くてもいいから楽な仕事がしたい


働きすぎで体や心を壊した話を聞くと残業代がでなくていいから

ブラック企業には働きたくないと思いますよね。

この場合給料が低くてもいいから楽な仕事がしたいと考えることは

残業代で給料が高くならなくてもいいという意味ですよね。

また楽な仕事という意味には人間関係で悩みたくない

仕事の人間関係を私生活に影響するまで持ち込みたくないという意味の人もいるでしょう。

給料が上がれば偉くなるつまり責任が増え

担が増えるという考え方をしている人もいるかもしれません。

あなたにとっては、有休を消化できないなどの

自分に負担になるほどの責任を負わなくてよい仕事がしたいという意味なのです。

ストレスをためて心の健康を損なうような仕事をしたくないという意味の人もいるでしょう。

あなたがやりたい仕事が低い給料であると思わなくてもよいです。

世間一般的に、給料が高いほうが辛いことをやらなければならないというイメージがありますが

そんなことはありません。きつくても低賃金の仕事はたくさんあります。





「精神的に楽な仕事なんてない」というのが嘘で楽な仕事はある。


よく仕事というのはどんな仕事であれ

「なんでも苦労がある」みたいな話を子どものころから聞かされますよね。

あたかも苦しくない仕事がないようなイメージに持っている人もいるかと思います。

ですがそのようなことはありません。

あなたにとって楽な仕事とはどんな仕事のことですか?

責任をとらなくてもよい仕事のことですか?

残業がなく有休がとりやすい仕事ですか?

それともやりたくないことをやらずに済む仕事のことですか?

「楽」というのは仕事の勤務条件だけでなくきっとあなたにとって得意な仕事なのでしょう。

肉体労働が楽だという人もいれば事務職でずっと座って仕事したい人もいます。

ルーティンワークが好きな人や営業だけはやりたくないという人も。

まずはあなたにとって楽な仕事とはどんな仕事なのか考えてみてください。

私は実際楽しく仕事をしている人や仕事が好きな人を結構見てきています。

たとえば自分の得意なことを仕事にしている人とか

自分の嫌いなことをやらずに済んでいる仕事をしている人など

世の中には「楽」して仕事をしている人はいっぱいます。





人間関係が楽な仕事ってどんな仕事?


人により人間関係が楽という意味が違ってきます。

あなたにとってはどんな人間関係が嫌ですか?

あまり人としゃべりたくないというような人づきあいが嫌いな人、

逆に人とは話さずにはいられないかかわらずにはいられない人もいるでしょう。

人によって違ってくるので自分にとってどんな人間関係が好きなのか?嫌いなのか?

というのを考えなくてはいけません。

人とのかかわりが極力ない話をしなくてよい会社は

例えば工場のラインの仕事が良いとよく聞きます。

話をしたいでも会社の中での人間関係は極力避けたいという場合は

トラックドライバーやタクシードライバーなど

職場にいる時間は少なくかつお客様とのかかわりあいができますよね。

人づきあいはそれなりにできるけれど、強制飲み会参加など勤務時間以外でも

プライベートの付き合いを要求されるような職場が嫌という人もいるでしょう。

その場合は、会社の中での関わり合いが少ない在宅ワークをおすすめします。





時間に拘束されない、定時で帰れる仕事は?


まず、勤務条件を残業がない職場は探せばあります。

今からご紹介する仕事も、残業が必ずないと限りません。

私は残業がないといわれている事務職をしてたことがありましたが、

真夜中まで仕事ということがざらにありました。

残業がないかどうか、その会社の勤務条件を必ず自分でご確認ください。

例えば人が嫌がる会社は離職率が高いでしょうから

四季報で離職率を見てみるというのも一つの手です。

一般的に残業がないといわれているのは

工場ライン勤務、カスタマーサポートセンター、一部事務職(学校事務、開業医受付事務など)、

シフトが多い業界であるタクシードライバー、警備員、清掃員などです。

確かに一般的には給料が高いとは言えない業界かもしれませんね。

そしてあまり知られていない業種に、

検針員、集金人、造園業、ルート営業、薬剤師、司書などもネットで紹介されていました。

また消費者を相手にしている企業ではなく

企業間取引をしている企業も残業が少ないといわれています。

職場に行かない仕事は定時帰宅を考えなくていいで、

在宅ワークであれば通勤時間がありません。

自分で起業を考えたり、フリーランスとして働くという選択肢もあります。

こんな残業時間のランキングを出している転職サイトもあります。

良かったら参考になさってくださいね。

転職・求人doda(デューダ)トップなるほど!転職ガイド【全90職種】残業の少ない仕事・多い仕事は? 平均残業時間ランキング最新版残業の少ない仕事・多い仕事は?90職種別の残業時間ランキング∼コロナ禍で残業時間はどう変わった?





給料が低くても楽な仕事を選ぶことは悪い事ではない!


プライベートを充実させたいから、仕事は最小限にしてしようと思うことは悪いことではありません。

確かに昭和時代においては何よりも仕事を優先させることが重要とされてきました。

しかし現在はそんな時代ではありません。

必ずしも長時間労働をすれば効率の良い仕事ができるわけではありません。

仕事と他の生活のバランスをとる「ライフワークバランス」という言葉を

よく聞くようになりました。あなたの価値観を大切にしていい時代です。

実際、仕事だけでなくプライベートを充実させられる職場はあります。

ブラック企業ばかりクローズアップされがちですが、

そもそもブラック企業は法律違反な会社が多いのでそんな企業ばかりではありません。

「楽」である、楽しいと言うことはあなたにとてもあっている仕事です。

逆に楽でないというのは自分の苦手な分野なのかもしれません。

自分の得意分野を活かせるなんてとても素晴らしいことです。





まとめ


精神的に楽な仕事はあります。

楽をすることはずるいことだと思わず自分の価値観を大切にしてよいのです。

楽な会社だから給料が低いと思わず、あなたにとってどんな仕事がいいのか?

どんな働き方があるのか?どんな会社があるのかということを徹底的に情報収集を行いましょう。

あなたにとって仕事は人生の一部です。

仕事について考えたり悩むことは必要なことです。後悔のないよう選択しましょう!