いちごの保存方法のまとめ!いちごの日持ちや常温・冷凍・冷蔵保存期間など詳しくご紹介します。




あなたは果物のいちごはすきですか?

好きなフルーツといえば「いちご」と答える人も多い人気のフルーツで

お家で美味しく食べたいという人は多いでしょうし

私もいちごは良く好んで食べます。

そんな人気のフルーツのいちごですが

いちごって実は果物のなかでは傷んでしまうのが早いので

ちょっと保存するのに気を付けなければいけないんですね。

そこで今回はお家でいちごを長く美味しく食べるための保存方法をご紹介します。

是非一度読んでみてくださいね。

いちごの日持ちと常温


いちごの日持ちは基本的に冷蔵庫の野菜室で1~5日です。

保存の仕方によって目安は変わりますが

あまり日持ちしない果物で買ってきたら

早めに食べないとすぐに傷んでしまうんですね。


冷蔵庫に入れない方が良い果物もありますが

傷みやすい果物のいちごは常温保存には向いていなく

冷蔵庫に入れないとすぐに傷んでしまうんですね。

そして保存に適した温度は3~5℃とされていますので

八百屋さんやスーパーなどで常温で売られていても

家に持って帰ったらすぐに冷蔵庫に入れるようにしてくださいね。

そしてもしも常温で保存したい場合は

買ったときに入れられてるパックから出してタッパーなどに入れてください。

その時はヘタの部分を下にしていちご同士が重ならないようにしてくださいね。

いちごの冷凍保存方法と保存期間


いちごがたべきれないくらい残ってしまったり

冷蔵保存していたいちごが痛んできたら冷凍保存をしましょう。


冷凍保存の方法として水で汚れをとってから水気をしっかりとふき取り

ヘタの部分と、もし傷んでいる部分があればその個所もナイフで切り除いてください。

あとはフリーザーバックや密封ビニールなどに入れて

冷凍庫に入れれば約1~2か月は保存できます。


※ もしもビニールにいちごをごちゃごちゃに重ねて入れていたら

いちご同士がくっついてしまった。と言う場合なら

製氷皿にいちごを一個ずつ入れて冷凍すれば簡単に取り出せますよ。


冷凍にしたいちごはそのまま食べるとシャーベットのような触感になりますし

その他にも、解凍してジャムにしたり他に美味しく食べる方法もあります。

ただ、あまり長い期間冷凍保存していると水分が飛んで乾燥したり

冷凍焼けで色が黒く変色してしまったりするので

可能ならなるべく早めに食べてくださいね。

カットしたいちごの保存方法


もしもいちごをカットして保存するとき場合ですが

冷蔵庫で保存、日持ちする期間は約2~3日です。

いちごはカットしてしまうと保存できる期間も短くなってしまうんですね。

そしてカットして保存する場合は保存できても

色が悪くなってしまう可能性もあります。

においや見た目がおかしいなと思ったら

腐ってしまっている可能性がありますので

いちごを食べないようにしてください。

カットしたいちごを冷蔵庫にいれて保存するときは

キッチンペーパーを敷いたタッパーに入れ保存します。

その際水気をふき取り

いちご同士がくっつかないように離した状態で入れてくださいね。


カットしたいちごをもし冷凍保存すると約1か月間できます。

冷凍保存の方法は、ジップロックにいちごを入れて

お砂糖を全体にまぶしてから冷凍してください。

いちごは冷凍するとどうしても甘味が抜けてしまうので

お砂糖をたっぷりとかけてくださいね。

いちごの賞味期限は痛み(傷んだいちご)の見た目で判断できる


いちごの見た目が変わってきたら

傷んでしまっている可能性があるので注意が必要。

そうなったいちごはなるべく食べないようにしてくださいね。

例えば表面にカビが見えるようになったり、艶が全然なくなってしまったり

いちごの汁が外に出てしまっているようになったらそれは完全に傷んでいます。

最も傷んでいる部分だけを取り除けば他の部分は食べることはできますが

なるべく食べるのはやめるようにしましょう。


いちごはパックのまま冷蔵庫に入れるのはダメ?いちご農家の人お勧めの冷蔵庫の保存方法


イチゴを買ってきたらそのまま(パックのまま)

冷蔵庫に入れてしまっていませんか?

ですがそのまま保存してしまうと変色してしまったり、

見た目がぶよぶよに変わってしまうんですね。

そうならないようにタッパーなどにいちごを入れ替えて冷蔵庫に

保存するときの方法は上記でご紹介しましたが

それとは別に「いちご農家の人」がお勧めしているいちごの保存方法があります。


それはすごくシンプルで

パックから出してからアルミホイルに包んで冷蔵庫に入れる方法。


アルミホイルで覆うといちごの水分が飛ばなくなるために

みずみずしさを保つことができて10日くらいなら新鮮さに食べることができます。

包む時はアルミホイルの口をしっかりと閉めておきましょうね。

アルミホイルで包むだけなら簡単ですし、毎日少しずつ食べる場合などすごく便利ですよね。

是非一度試してみてくださいね^^

まとめ


いかがでしたでしょうか?いちごは日持ちしない果物ですが

保存方法に気を付けて冷蔵庫に入れることで

新鮮さを失わずに長く美味しく食べることができますし

食べきれずに残ってしまったり少し傷んできたいちごも

冷凍庫にいれて保存することでシャーベットなど

別な方法で美味しくいただくことができます。

今日お話した保存方法を試してみて美味しくいちごを食べてくださいね。